ピースボート行きます!

こんにちは

ピースボートの説明会に行きました-!世界一周したい!

そして来年12月出発の100回目南半球一周クルーズを予約しました(^^)

これから出航までの準備や情報などもお伝えできればとおもいます!

ピースボートとは

ピースボートは1983年にはじまり、これまで180の港に寄港し6万人以上の方が世界各地を巡ったそうです。格安でクルーズ世界一周旅行ができるとして、若者にも人気です。クルーズ船というと退職した年配の方が優雅に船上でゆっくりするというイメージでしたが、ピースボートの乗船客の平均年齢は48歳です。飛鳥IIは72歳ということで、年齢層が幅広いことが特徴です。

船内ではパーティーなどのエンターテイメントだけでなく寄港地の言語や文化、世界遺産について勉強出来たり、社交ダンスや囲碁将棋、ヨガや水彩画などのカルチャースクールもあります。夏祭りや年越しパーティーなどの季節イベントもあるみたいですね。そのほかにもプールやジャグジー、ジムやサウナ、バスケコートもあります。寄港地でのオプショナルツアーや地域貢献もできます。

もちろんデッキでゆっくるするのも自由。世界中を船で回り観光したり、船内船外で年齢問わず日本人外国人様々なひとと交流したりできるのがピースボートの魅力だと思います。

100回目クルーズ

私が乗船予定のピースボート100回目のアニバーサリークルーズは2018年12月出発予定の南半球一周クルーズです。寄港地は17港インド洋からマダガスカル島、アフリカを巡り、南米のリオやブエノスアイレス、そこからイースター島やタヒチを巡って帰ってきます。

マダガスカルやアフリカサファリの動物たち、世界最古のナミブ砂漠、南米の活気ある街、イースター島の謎、タヒチの透き通った海。すべてが楽しみです!ただ、やっぱり一番はアルゼンチンの最南端、ウシュアイアから行く南極大陸ですね!地球最果ての地ですので、こんな時にしか中々行くことができませんからね(^^)

これからの準備

ピースボートではボランティア制度があります。ボランティア活動によってピースボートの旅費が割引され、最大で全額割引を受けることができます。活動内容は飲食店のトイレなどにポスターを張らせていただいたり、被災募金活動もあるみたいです。4月から本格的にボランティア活動をして、100回目クルーズに一緒に乗船する方とのつながりを得ながら、全額割引を目指していこうと思っています。

クルーズ船はお金と時間がないとできないとおもっていました。もちろん三か月ほど旅にでるということで時間的な縛りはあるかと思います。お金も安い買い物ではないと思います。しかし“行きたい”という本音、意志があればやっちゃったほうがいいです。行ってから考えてみましょう!

来月100回目クルーズのオプションツアーや寄港地についてなどが載った詳しいパンフレットが発表されます。予約した人に送られるので、その中の情報などまたお知らせしたいと思います(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする