HOME とは自分の心が落ち着ける場所

こんにちは!

今日はHOME(ホーム)についてです。

HOMEとは自分の心がやすらぐ場所です。

まずHOMEと聞いて浮かぶものは何でしょうか?

マイホームを手に入れると言えば一軒家とかマンションの購入とか考えられますね。野球やサッカーなどの本拠地をそれぞれ持つスポーツならビジターゲーム(相手球場での試合)とホームゲーム(自軍球場での試合)のような使われ方をされます。

英語の意味を考えるとHOMEとHOUSEの違いってなんぞやと思う方もいらっしゃるかもしれません。むしろHOUSEとHOMEの違いからHOMEについて考えるとわかりやすいかと思います。

HOUSE(ハウス)は物質的な”家”です。建物、つまり木やコンクリートで建てられた家そのものを指します。

Where is your house? (あなたの(住んでいる)家はどこですか)とか、車から見えた家に
That house is so luxurious!(あの家ってめっちゃ豪華だね!)のように文法的に名詞として使われます。

一方HOMEはというと家というよりは、空間的な家庭の意味で使われることが多いです。

Please make yourself at home.となると「あなたの家だと思ってくつろいでね」の意味になります。ここではhomeは物質的な家ではなく、あなたの家という空間、つまり落ち着ける場所としての意味で使われていますね。

タマホームのCMはご存知でしょうか?happy life,happy home タマホーム♪のタマホームです。住宅メーカーCMの一つですが、幸せな人生には幸せなホーム=家庭(自分の心が休まる場所)がありますよというアピールですね。happy life, happy house タマホーム♪だとどーも無機質で、ハッピーライフにはならないイメージがあります(笑)

最初に戻るとマイホームも幸せな家庭をイメージして買うものですよね。自分が落ち着くことができない部屋の雰囲気であったりインテリアデザインであれば安くても買うことを悩んでしまいますよね。スポーツではホームゲームの勝率はビジターゲームの勝率より高い傾向にあります。私は野球が好きなので野球を取り上げると、昨年2017年度のプロ野球では、セ・パリーグ両方合わせた12球団中最下位2球団を除く10球団がホームゲームでの勝率はシーズン終盤の9月時点で50%を超えていたそうです。そして全球団でビジターゲームよりも勝率が高かったみたいですね(baseball crix より)。よく言われるのは味方の応援団や地元の方々の声援が選手を強く後押しすること、練習で慣れている球場であるということ、ホテルでの生活ではないということなどが挙げられていますが、これが根拠だ!というものはないということでした。ただ、すべてに共通しているのはホームゲームはビジターゲームより落ち着いた環境、コンディションでの試合ということです。ビジターゲームで味方チームのサポーターは少なく、球場のほとんどが敵チームのサポーターだったらやりにくいことこの上ないですよね~

HOMEとは心が落ち着ける、安らぐ場所ということなのです。

あなたにとってのHOMEはどんなところでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする