HPの視点

こんにちは!今日はHPについて書きます。本当は”エネルギー”という言葉で学んでいたのですが、私はゲームとか大好きで、ゲーム用語での理解したほうが面白かったのでHPとしています。(笑)

みなさんHPってわかりますでしょうか?RPGなどゲームを嗜む方は何それ?って疑問はないはずです。だってHPないとゲームオーバーですもんね。ゲーム画面の中で一番注意して見るところです。

HPとはヒットポイントの略で、ほかにもライフポイント、エネルギーゲージなどゲームの種類やその内容によって言い方は様々で、数値やゲージによって表されます。HPが敵の攻撃や自分の行動によって減れば回復アイテムで回復し、無くなる、つまり0になればゲームオーバーってわけです。

現実のHPとゲームでのHPの理解は難易度に雲泥の差があります。めちゃめちゃ難しいです。しかし、現実のHPの減りや回復を敏感に察知できれば、現実でもまるでゲームのように自分の思いどおりの方向に歩を進めたり、ミッションをこなしたりできるはずです。

HPの視点を現実にもってこよう

ポケモンならバトルで攻撃して相手のポケモンを倒しますが、自分のポケモンも攻撃され体力がなくなっていきます。自分の育てたポケモンが攻撃されたなら、減った体力を”きずぐすり”とか”かいふくのくすり”で回復させますし、バトルの後、ポケモンセンターでHPが満タンまで休ませ回復させますね。

ファイナルファンタジーやドラクエなら宿で休みます。モンハンはRPGというよりアクションゲームなので少し違って、クエストに出れば満タンの状態から始まり、回復薬で減ったHPを戻したり肉を「上手に焼けました~」の掛け声で焼き上げ、”こんがり肉”を”頬張って体力を回復させますね。

HPはゲームの中の話だけではありません。ゲームの中で敵味方それぞれのキャラに違うHPがあるように、実際の現実世界でも私たちは確かに人それぞれ、誰一人として同じものがないHPをもっています。

HPが減ったというのは現実では、けがとか疲労ですし、HPを回復したというのは食事とか休むという行為がこれにあたります。

HPはなんであるのか?

ゲームでHPってなんであるのか考えたことありますか?私は敵キャラが強すぎて何回もゲームオーバーになった時、何回も思いました。「なんで敵のHPこんなに高いんだよ!」とか「自分のHPこんなに低かったらほぼ一撃で倒されるしかないじゃん!」とか思ってました。あ、全然クソゲーとかじゃないですよ、一般的に大ヒットしたタイトルです。

HPがなんであるのかは、ゲームがどういうものかを考えるとわかりやすいです。例えばRPGをざっくりいうと

世界には大きな問題があって主人公とその仲間で敵を倒しながら解決する

のがRPGですよね。”大きな問題”を解決するために最初はウルフとかスライムとかビードルとか小さい雑魚キャラを倒し経験値を貯めてレベルアップ、小さな依頼をこなし続けお金を貯めて装備を強化、そしてボスを倒してハッピーエンド!となります。

HPがないとどうなりますでしょう?自分のHPだけがないなら、攻撃受け放題。攻撃し放題になりますし、敵にHPがないなら倒す方法がまず異なり、コツコツレベルアップとかの努力はしませんよね。そもそもゲームの中の”大きな問題”が大きな問題ではなくなります(笑)たとえボスキャラが支配していても、我関せずの住人やキャラが存在しているだけです。そんなゲームにはクリアの達成感や満足感はありません。

現実のHPが無限にあって減らないのであれば、私たちは何に努力したり、何を達成して喜びを覚えるのか、全く想像つきませんね。HPが有限であるからこそ、HPをどう使うのかを試行錯誤しなければなりませんし、その試行錯誤があるから達成感や満足感といった幸福もあるのです。

現実とゲームのHPの違い

ゲームと現実でのHPには様々な違いがあります。

まずゲームの画面のようにHPが減った、回復したというのは可視化できないことです。HPが数値やゲージで確認できないので、自分の感覚に頼るしかありません。例えばゲームの中では「HP20回復する」「HP15%回復する」などの回復アイテムがあれば、キャラのHPの減りによって効果的な回復アイテムを選ぶことができます。HPが5しか減ってないのに20回復させたら、もったいないですよね。「20減ってから使えばいいや~」と思うはずです。自分のHPがどれだけ残っている、どれくらい減っているとわかる事ができれば、効果的な回復が望めるので、自分のHPの減りを敏感に察知できるようになりましょう!

他にも「現実のHPは、ゲームでのMP(マジックポイント)つまり精神的なHPも含む」ことや「現実のHPはシナリオによって上下する」などあります。

少しずつブログの中で公開していきます(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする