語学ボランティアをしたい!

こんにちは!

今日は棺桶リストの中の一つ、”東京オリンピックのボランティアをする”からちょっと調べたこと、そしてやっていきたいと思うことを書いていきたいと思います。

https://bunyatoshinobu.com/archives/3

私は大学は名古屋の留学制度が整った外語系大学に進み、3年生の一年間はアメリカで語学留学生活をしていました。一年間という短い時間だったのですが初めて日本を離れ、そこでの経験や様々な価値観に触れることができたのは大きかったです。今思えばもっともっといろんな人と関わってみれば良かったと少しの後悔がありますが、それもあってでしょうか。語学ボランティアに興味がでてきましたし、2020年の東京オリンピックなんて一生経験できないものだと思い棺桶リストにあがったのだと思います。

それでは2020年の東京オリンピックに向けてボランティアになるにはどうすればいいのか調べていきます!

東京オリンピックは2020年の夏、東京近郊の関東圏などの競技会場で行われます。これまでオリンピックは多くのボランティアが支え、活躍してきました。今回の東京オリンピックのボランティア人数はおおよそ10万人。とんでもない人数ですね!その募集や説明会が少しずつ行われると思われます。本格的にボランティアの募集は2018年夏になるとのこと。

https://tokyo2020.jp/jp/

そしてそして公式ホームページのニュース欄に

東京2020大会に向けたボランティアシンポジウム」~ボランティアの本質を探る~を開催します

とのニュースが!!来年2018年1月21日にベルサール秋葉原2階ホール(千代田区外神田三丁目12番8号) で実際のオリンピックに出場した方々から見たボランティアの存在や役割、そしてボランティアをした方々の体験談をパネルディスカッション形式で聞けるみたい。これは行くっきゃないでしょ!と意気揚々と申し込もうとすると、

申込期間は2017年11月22日(水)から2017年12月22日(金)まで

ちーん( ;∀;) 今日は2017年12月23(土)です。もう一日早ければ、、泣

思い立ったが吉日、その日以降はすべて凶日とジャンプ漫画の主人公のセリフを思い出しました。何事もタイミングだと感じます、、。

ただ、まだ期間はあります。応募要項は以下のリンクから見れますので是非!

https://tokyo2020.jp/jp/get-involved/volunteer/about/

どんどんこれから開催が近づくにつれて準備が加速していきます。それに伴ってボランティアも開催、運営に必要になってきます。興味がある方は一緒に参加してみませんか?貴重な経験になるとおもいますよ~!

また情報を更新していきます。

では!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする