”もう、嘘つかずに生きよう”

こんにちは!

今日は価値観についてです。

私たちは実に様々なものから影響を受けて
自分の価値観として積み上げたり
それまで抱いていた価値観や考えが変わったりします。

そしていつも自分の価値観に影響を与えるのは他人の価値観です。

他の人との実際の会話、トークを聞くこと、偉人の名言、セミナー、本は
影響力のあるものとしてわかりやすいと思います。
最近ではインターネットで流れてくるニュース、ツイート、インスタグラムの写真などにも
影響力がありますし、大きな影響を持つこともあります。

自分が誰と関わるのか、何に触れるのかによって受ける影響は変わりますし
自分の価値観も変わるのです。

今の私の持つ価値観にぴったりのものが、
大好きな漫画を読み返していたらあったので紹介したいと思います。

少年サンデーで2009年から2017年10月まで連載されていた”マギ”の第一話のシーンです。
マンガの内容が気になる方は読んでみて下さ~い。

マギの作者、大高忍さんは家族や友人にも内緒で漫画を描いていた高校時代がありました。叶う見込みの薄い漫画家という夢を他の人に語ってどういわれるのかわからないし、恥ずかしかったそうで誰にも言えなかったそうです。大学まで何度か投稿を持ちかけたりしましたがデビューまでは至らず、あきらめて周りと同じく就職活動をしようと画材を封印したこともあるのだとか。ただ、「挑戦しなかったら後から後悔しそう」との思いで行動し続けたそうです。

”もう、嘘つかずに生きよう”

これが37巻続く漫画の第一話に描かれていることに大きな意味があると私は感じます。

嘘は本音を言わないということです。それは自分の中に違和感となってあるものです。
人間関係の違和感、お金への違和感、生き方の違和感など様々あります。
そんな違和感をなくしたい、つまり嘘をつかずに生きたいと私はこのシーンに共感しました。

そして嘘をつかずに生きると決めた
先ほど泣いていた女の子が次の右下の子。(三巻第26夜より)

髪の毛だけでなく表情もすっきりしましたね!
マンガだからというわけでなく、リアルで生き方を定めた人は表情から変わるようです。

そんな軽やかな気持ち、表情をもてるよう違和感をなくすよう行動していきたいですね(^^)

では!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする